« クラッチ組み立て! | メイン | クラッチ豆知識2 »

2014年6月 9日 (月)

クラッチ豆知識!






今日は弊社のクラッチカバーの豆知識です。
弊社のクラッチカバーの種類には、材質で分けて鉄素材のものと、アルミ素材2種類あります。
一般的に材質にアルミを使うと、軽量化と言うイメージが大きいですが、弊社のカバーは軽量化でアルミを使っているわけではありません。
では、なぜ?

まずは、熱対策なんです〜
クラッチ内部で発生した熱を、効率よく放熱するためにアルミ素材を使っているんですよ。
2番目は、カバー自体の剛性上げるためです。
一般的には、アルミよりも鉄の方が強いというイメージがありますが、厚みを厚くすることによって、剛性を上げています。
材質は、耐熱ジュラルミンを使っていますよ!
弊社の、呼び方で「S」が付くと鉄カバーで、「R」が付くとアルミカバーなんですよ。
因みに、TS2Aは鉄カバーのAタイプツインプレートクラッチを、TR2CだとアルミカバーのCタイプツインプレートクラッチを表します。

「呼び名で、最後にDがつくのは何なんですか?」
ダンパーの「D」で、ダンパー付きディスクを表します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/554777/32288095

クラッチ豆知識!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿