« 2014年6月 | メイン

2014年7月

2014年7月28日 (月)

クラッチ豆知識!





おはようございます。
今日は、クラッチのスリーブを作製中です〜
クラッチって言うと、クラッチ本体ばかりに目が行きますが、スリーブベアリングも重要な部品なんですよ。
まあ、このブログを読んで頂いている皆様には、「釈迦に説法」でしょうけど・・・
簡単に書くと、回転しているクラッチ本体(当たる部分はダイヤフラムスプリングの先)に、力を加えてクラッチを物理的に切る役目をしているのがスリーブベアリングなんです。
通常、クラッチペダルを踏んだ力が油圧に変換され、レリーズシリンダーで押す力になり、その力がホークを押して、そのホークがスリーブベアリングをクラッチに押し付けてクラッチが切れます〜
文章に書くと解りにくいですよね。
回転しているクラッチに押し付けられるので、スリーブに装着されるベアリングの負荷は非常に高くなりますよ、だってエンジン回転数と同じ回転をクラッチを切る毎になっているのですから!
このベアリングが焼き付くと、ダイヤフラムスプリングが必ずと言って良いほど壊れますので、早め早めの交換をお勧めします。

2014年7月24日 (木)

クラッチの寿命について



クラッチの寿命について。
弊社が考える、クラッチの寿命とは・・・
1,クラッチディスクが限界以上に磨耗して、それによりクラッチが滑る事。
これは、1番正常な終わり方です。
2,クラッチの内部パーツが、高温により変形を起こして、クラッチの切れが悪くなった場合。
適応馬力以上の馬力で使用したり,過度な半クラッチ,クラッチを蹴ったり揉んだりなどの使い方を多用されると起こる可能性が高いです。
(通常使用でも起こる場合はあります)
クラッチの温度が上がった時に、クラッチの切れる位置が変わってきたら要注意です。
冷えてくると、また切れる事がありますが、オーバーホールをお考え下さい。
3,レリーズベアリングの寿命
最終的にレリーズベアリングが固着してしまうと、ダイヤフラムスプリングが壊れて、クラッチが切れなくなる事が有ります。
レリーズベアリングは定期的な交換をお勧めいたします。
4,突発的なクラッチパーツの破損。
などが考えられます。
4番以外の場合には、クラッチから何かしらの異常が感じられると思いますので、早め早めのオーバーホールを心がけることがクラッチ本体の寿命の為にも良いと思います。
代表的な4つの寿命について書きましたが、これ以外にも、不具合が出る場合が有りますので、ご注意ください。
OS技研では、弊社クラッチの点検を受け付けています。
クラッチ単体で送って頂ければ確認させて頂きます。(送料&費用がかかる場合がございます。)

2014年7月22日 (火)

クラッチ豆知識!








クラッチ豆知識!
よく「OS技研のアルミクラッチカバーには色が何種類か有りますが意味があるんでしょうか?」って質問があります。
今日は、アルミカバーの色をテーマにします〜
スチールカバーは、金色一色のメッキしか無いのですが、アルミカバーには大きく分けて4種類の色が有ります。
まずは、OS技研の基本色金色です。
この金色カバーは、弊社ではTR,R系クラッチのような、比較的対応馬力が高いクラッチに採用されています。
もともと、スチールカバーが金色だったのでキープコンセプトで金色になりました。
次にできたのが、赤色カバーです。
この色は、STRクラッチに採用されています。
このクラッチは、比較的に踏力が小さいので、コントロール性が優れています。
この当時は、カラーバリエーションが少なかったので、ハデな色を選びました。
最終的に開発されたのが、ストリートマスターです。
純正クラッチに匹敵する半クラッチ性能を有しながら、対馬力性能を引き上げています。
このクラッチは、人にやさしいクラッチを目標に作られたので、色的にやさしさを出すために、緑色のカバーにしました。
後は、インポートカー専用に青いカバーのクラッチが存在します。
皆さんはどんな色が好きですか?

2014年7月18日 (金)

ばかでかいクラッチ!





ブログネタを探して社内を徘徊していたら、良いのも見つけましたよ!
ジャーン! このクラッチです〜
「えー、別に変わったクラッチじゃないじゃないですか!」って声が聞こえそうですが・・・
このクラッチ、マルチプレートタイプではクラッチディスク直径が1番大きいφ215のR3Cなんです!
と、考えるとフライホイール直径がバカみたいに大きいと思いませんか?
色々なクラッチを作成している弊社でも最大級の大きさです。
さて、質問です〜
このクラッチは、どんな車のクラッチでしょうか?
ヒント:エンジン排気量は8L以上でV10です〜
車好きの皆さんはもうわかりましたよね。
そうです、ダッチバイパーです〜
もともとピックアップトラックに搭載されていたエンジンなので、クラッチもばかでかいです。
「えーーー、そんなクラッチOS技研のカタログにも、HPにも出て無いよ!」って
はい、すいません、その通りなんです〜
今のところ、OS技研USA向けのみ取り扱いのあるクラッチなんです。
こういった、御当地向けクラッチってのも、ラインナップが有ったするんですよ!
ジェネシス用クラッチなんかもね〜
その他にも、特注クラッチなんかも得意としてますので、クラッチで困ったらご連絡ください、待ってます。