« 回転感応型LSDの特徴を持ったLSDを新発表 | メイン | 機械加工なう! »

2014年1月27日 (月)

ベンツ500EにTCD(LSD)を組むための加工!

今日は、ベンツAMG500Eのフランジシャフトを旋盤加工です。

Dsc02034


加工自体はすぐ終わる加工なのですが、細かい仕事なので気を遣います。
通常は、フランジシャフトをさしてからCクリップを入れるタイプを、シャフトを差し込んでCクリップをはらす仕様に変えていきます。(LSDを入れるために加工)
溝の内側に面取りを入れるのですが、大きすぎると抜けやすくなるし、小さいと抜けにくくなります。
その加減が難しいですー

Dsc02037

寸法的に言うと0.7Cってとこですかねー

ノギスとにらめっこで、加減しながら削ります。
でも、老眼が厳しいので、近眼用のメガネを外しながらの加工です。
これが、面倒なんですよねー
最終的には、入り込み安いように先端も面取り加工をします。
こちらは、超簡単です。
これで、ベンツ用TCD(LSD)が組み込みできるようになります。

Dsc02043

完成ですー

コメント

コメントを投稿