« OS-88 オーバーホール | メイン | 進化! »

2011年11月26日 (土)

クロスミッション開発中

皆さん、こんにちは。

 

本日は以前にお伝えしました、

アルファロメオ105系用クロスミッションの開発模様を少しだけ紹介します。

 

オリジナルは1950年代に作られた、

当時世界最高水準のトランスミッションだったと思われます。

今では当たり前になっている機構などが随所に採用されており、

当時の技術力の高さがうかがえます。

 

生産終了から30年以上経った今でも

世界中で愛されている素晴らしいクルマのトランスミッションです。

 

それを今回は現代の技術でより扱いやすく、耐久性を上げ、

そしてオールドモデルのネックである消耗部品の供給にも安心して対応できるよう

改良してしまおうというコンセプトの元、開発しております。

 

話がそれてしまいましたが、 

以前に弊社広報担当が開発情報をリーク(笑)してしまい、

挙句、先日のSEMAショーにまで持って行ってしまったため、

国内、海外いろいろなところから反響をいただき、

嬉しい半面、開発担当者としては少々焦っております(汗)

 

ギヤ自体は以前にもお伝えしたとおり

試作段階までできていたのですが、

今日はさらに進んだものをお見せします。

Img_0084

画像でおわかりでしょうか?

 

詳しい方ならわかると思いますが、

シフトフォークの試作が出来上がりました。

 

オリジナルから50年以上の時を経て、

材料から加工、表面処理など、現代の技術を投入した一品です。

Img_0086

シフトレバーにかかるブラケットもシャフトと別体で製作しています。 

シフトストロークもノーマルよりショート化しました。

 

各所を煮つめ、実走テストまでにはもう少しかかりそうですが、

頭の中ではもう次のステップへ進んでますよ。

乞うご期待!