« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月20日 (火)

撮影。

みなさん、こんにちは。

 

最近めっきり寒くなってふとんからなかなか出られません。

一緒に寝ている子供を湯たんぽ代わりにしています。

弊社のある岡山県南部は比較的暖かく雪も滅多に降らないのですが、

今日は通勤途中に見える池に氷が張ってました。

 

 

さて、本日のテーマ?は撮影です。

 

先日からお伝えしているアルファロメオ用クロスMTの宣材写真を撮りました。

これはその撮影風景です。

Img_0141


Img_0144

こういったコトは広報や営業分野なのでしょうが、

弊社は開発担当者も同席してあれやこれや指示します。

ま、今回は単に広報から

「部品点数が多すぎて順番がわからん。」

と言われただけですが。(笑)

 

しかし、こうして見ると本当に部品点数多いです。

純正部品は主だったもので言うとケースぐらいしか使わないので

当たり前といえばそうなんですが、

これだけ部品作ってしまうと販売価格が・・・。

 

ま、ここからは営業&経理サイドの話なのでノータッチです(笑)

2011年12月12日 (月)

ついに・・・。

みなさん、こんにちは。

 

やっとこの日が・・・というか発売まではまだまだなのですが。

 

「何をわけのわからんことを言っとるんだ?」

とお思いでしょう。

 

今まで少しづつお伝えしてきましたアルファロメオミッションですが、

ついに実戦テストを行えるまでになりました。

Img_0115

これからテストに協力していただける業者様へ第1号を発送です。

 

これまでの道のりは結構な難産でしたが、

ここまではかなり納得のいく出来だと思ってます。

 

テスト結果までにはしばらくかかりそうですが、

期待と不安でドキドキです。

旅立つ子を思う親の心境って感じでしょうか。

 

とりあえずはひと段落ですが

休む暇はないので次の課題にとりかかります・・・。

2011年12月 5日 (月)

進化!

皆さん、こんにちは。

 

本日のテーマはズバリ、”進化!”です。

 

以前お伝えしましたOS-88ですが販売開始は2002年でした。

ちょうどその頃トランスミッションの開発に携わるようになり、

当時の上司が作り出すシーケンシャルトランスミッションには興味津津でした。

 

その頃R33GT-Rに乗っていたのでテスト車両として提供し、

シフトまわりが剥き出しのまま、

スピードメーターも動かない状態で

なんとか走り出したことを今でも思い出します。

 

話がそれましたが販売開始から9年が経ち、

私が担当を引き継いでアレやコレやと改良しているうちに

形状を変えていない製作部品は

ベルハウジングだけになってしまいました。(汗)

 

弊社の信条、「イイと思ったことはとりあえずやってみる!」

・・・なので、

不具合が起こっていない場所でも

さらに強度を上げる、軽量化する、材質を見直す、など

改良を加えていきます。

変更を加えればその分開発費用はかかるのですが、

それ以上にいいモノを作る喜びの方が勝っているようです(笑)

 

Img_0137

上の画像はスライダーですが、

左が販売開始当時、右が現在の形状です。

外径が小さくなり、

さらにウエイトが外周部分から取り除かれているので

慣性力及び周速の低下がおき、耐摩耗に貢献しています。

強度も上がり、なおかつ軽量化にも成功しています。

この間、数度の変更を加えています。

 

Img_0134

これはシフトフォークですが、

これも左が販売開始当時、右が現在のものです。

これも強度を上げつつ軽量化しています。

表面処理なんかも変更していますね。

 

とまあこのように進化しているわけですが、

もちろん今後も進化し続けますよ!

 

「進化、進化って・・・それじゃ、いつ買ったらいいんだ?」

とお思いの方!

「欲しいと思った時が、購入時期ですよ。」(笑)

ご注文お待ちしております。