« クロスミッション開発中 | メイン | ついに・・・。 »

2011年12月 5日 (月)

進化!

皆さん、こんにちは。

 

本日のテーマはズバリ、”進化!”です。

 

以前お伝えしましたOS-88ですが販売開始は2002年でした。

ちょうどその頃トランスミッションの開発に携わるようになり、

当時の上司が作り出すシーケンシャルトランスミッションには興味津津でした。

 

その頃R33GT-Rに乗っていたのでテスト車両として提供し、

シフトまわりが剥き出しのまま、

スピードメーターも動かない状態で

なんとか走り出したことを今でも思い出します。

 

話がそれましたが販売開始から9年が経ち、

私が担当を引き継いでアレやコレやと改良しているうちに

形状を変えていない製作部品は

ベルハウジングだけになってしまいました。(汗)

 

弊社の信条、「イイと思ったことはとりあえずやってみる!」

・・・なので、

不具合が起こっていない場所でも

さらに強度を上げる、軽量化する、材質を見直す、など

改良を加えていきます。

変更を加えればその分開発費用はかかるのですが、

それ以上にいいモノを作る喜びの方が勝っているようです(笑)

 

Img_0137

上の画像はスライダーですが、

左が販売開始当時、右が現在の形状です。

外径が小さくなり、

さらにウエイトが外周部分から取り除かれているので

慣性力及び周速の低下がおき、耐摩耗に貢献しています。

強度も上がり、なおかつ軽量化にも成功しています。

この間、数度の変更を加えています。

 

Img_0134

これはシフトフォークですが、

これも左が販売開始当時、右が現在のものです。

これも強度を上げつつ軽量化しています。

表面処理なんかも変更していますね。

 

とまあこのように進化しているわけですが、

もちろん今後も進化し続けますよ!

 

「進化、進化って・・・それじゃ、いつ買ったらいいんだ?」

とお思いの方!

「欲しいと思った時が、購入時期ですよ。」(笑)

ご注文お待ちしております。